ロンズクラフト有限会社 会社概要

商号 ロンズクラフト有限会社
設立 平成14年4月18日(決算月9月)
代表者 代表取締役 川崎 徳光・取締役 濱田 隆行
所在地 〒124-0022 東京都葛飾区奥戸9-19-15
TEL:03-5889-5212
FAX:03-5889-5213
従業員数 社員7名(平成21年7月現在)
主要取引金融機関 三菱東京UFJ銀行 新小岩支店・東栄信用金庫 奥戸支店
工場設備 8面回転機1台(油性プリント用)
長台15面機×2台(計30面)(水性プリント用)
1色機1台(水・油性両用)
トンネル式乾燥機1台(油性用)
スポット式乾燥機2台
乾燥用ラック1台
エアーブラシ機2台
シート転写機1台
シルクスクリーン製版機1台
油性インク用撹拌機1台
MAC os9(イラストレーター9.0・フォトショップ9.0)1台
協力工場 プリント工場12件(中国3件)
インクジェット工場3件
製版工場4件
刺繍工場6件(中国1件、韓国1件)
縫製工場7件(中国1件、韓国1件)
染色工場3件
仕上工場4件
転写シート製作工場2件
転写工場2件
ブランドネーム製作工場4件(中国1件、韓国1件)
ラインストーン製作工場3件(中国1件、韓国1件)

事業内容

大手アパレルやタレント・アーティストを顧客とし、衣類への印刷、刺繍、ラインストーン等の2次加工業務の請負を主としております。
印刷に関しては、油性タイプのインク(写真柄やカラー分解用などに使用)や水性タイプのインク(浸み込みなどに使用)の他にも、特殊タイプのインク(発砲インク、ひび割れインク、ラメインクなど)や特殊技術(エアーブラシ、2色発砲箔、ひび割れ発砲箔、反射フロッキーなど)を売りとしています。
刺繍に関しては、小さなワンポイントから大きな柄まで対応可能であり、糸種類や糸色も豊富に取り揃えております。
ラインストーンに関しては、スワロフスキー社製品はもちろん、中国製、韓国製、チェコ製のホットフィットまで取り扱っております。
転写シートやワッペンの作成なども、お受け致しております。


企業理念

私達ロンズクラフト社は平成14年設立時より、毎年サプライズを起こし不況産業と呼ばれ
衰退する業界のなか、着実に業績を伸ばして参りました。

プリント業界は同業他社のダンピングだけでなく、メーカーからは新しいインクは開発されず、
さらには原油高に伴う資材の高騰などで壊滅的な状況といえます。

私達は、まず個々のスキルを上げる事に重きを置きました。現在ではスタッフ全員が
インクの性質を理解しインクを作り、プリントのみならず営業やアドバイスを
全員が致すという程にまで進化致しました。
さらには、タブーとタブーの掛け合わせによる特殊プリント技術を多く開発し、
今ではインクメーカーにオリジナルをリクエストする程であります。

私達が高付加価値を多くのアパレル企業にアピールする事により、既存の顧客様には
ステータスを感じて頂き、さらに新規の顧客様を紹介して頂く事で業績を伸ばした現在は、
コンプライアンス(法令順守)上ご紹介する事は出来ませんが、アパレル企業40数社との
お取引をさせて頂いております。

一年を通して、毎月十数万枚の衣類に息吹を入れておりますが、常に良い商品を顧客様に
提供致する事は、消費者様に喜んで頂けるのではないか。顧客様の業績UPへのアシストが
シナジー効果を生み、私達も少なからず社会貢献が出来るのではないかと考えております。

プリント業界は「早い安いは上手くない」か、暇であり長期的に存続出来ないと言われています。
私達の考えは、「プリントは料理と同じでありスピードは誠意である」を事業の御旗とし、
ハイクオリティーをアベレージで供給するクリエイター集団であり続けたいと思います。